歯肉炎ってヤバい?口臭にも影響する?

歯肉炎とは?

歯肉炎とは歯周病の初期段階のことであり、簡単に言えば歯茎が炎症を起こしている状態です。

症状としては、歯茎が腫れぼったい感じがしたり歯磨きをした後などに出血するなどの症状ですが、この時にはまだ痛みなどの自覚症状が少ないため歯肉炎になっていることに気づきにくい段階とも言えます。

軽度の状態のうちにしっかりと対処していけばひどくならずに済むこともありますが、忙しいことを理由にしっかりとケアしていかなかったりそのまま放置してしまう症状がどんどん進行してといずれ大変なことにもなりかねません。

自然治癒することはなくそのまま症状が進んでいってしまいますのでひどくならない前に早めに対処していくのが望ましいとされています。

歯肉炎になる原因は?

歯周病を含む歯肉炎の大きな原因となるのはプラークと呼ばれる歯につく歯垢とよばれるものです。

実はこの歯垢は生きた細菌の塊でありそれらの菌のほとんどは酸素が少ない部分を好むことから歯の歯の間にある歯周ポケットという部分に入り込んで潜んでいます。

歯周ポケットに潜んでいる歯垢は歯ブラシでしっかりとブラッシングをしたりデンタルフロスを使用しないことには取り除くことが出来ず、さらに歯周ポケットの奥の方に潜んでいる場合には歯医者などに行かなければ除去できないこともあるとされています。

また、甘いものを良く食べることが多い、あるいは普段からしっかりと歯磨きをしてないなど日頃の生活習慣によって歯垢が口腔内で大量発生することで歯肉炎と原因となることが考えられます。

歯肉炎になると口臭がヤバい?その他の悪影響は?

歯肉炎が厄介な理由の一つに、口臭に影響することが考えられます。

その理由としては、歯肉炎の症状が進んで歯周病となると、歯を支えている骨が溶け始めて本来であればぴったりとくっついている歯と歯茎の隙間に大きなみぞができるようになります。

このみぞがさらに深くなると、そのみぞにガスを発生させる細菌が繁殖することで臭いを発生させてしまうことにつながるのです。

まだそこまで臭いがひどくなることはありませんが口臭の要因となることは間違いないと言えるでしょう。

そのまま症状が進行して歯周病となると他人にもわかるほど臭いが発生するようになりますので、臭いが発生する前に早めにケアをしていくことが大切とだと言えるのです。

歯肉炎になった時の対策

歯茎が腫れぼった語り出血しているのにまだ大丈夫と放置してしまうと症状がどんどん進んでしまい歯周病に発展してしまうこともありますので、まずは対策として早めに歯科医院に受診するのが良いでしょう。

早めに適切な治療を受けることで治療期間も短時間で済むと言えます。

歯科医院では歯肉炎の原因となっている歯垢を除去したり歯周病の原因となる歯石を取り除いたり、歯茎の炎症を抑える処置をします。

なかなか忙しくて歯医者に通えないという場合には、しっかりとブラッシングをして歯垢を取り除いておくようにしたり、なるべく砂糖などが多く入った甘いものを食べるの控えるようにする、逆にゴボウなどの繊維質の多い根菜類は口腔内を綺麗にする効果が期待できるとされています。

歯肉炎と口臭についてのまとめ

歯肉炎は歯周病の初期段階であり口臭が発生する要因ともなりますので、早めに改善していくことが大切と言えます。

歯肉炎にならないために大切な対策としては日頃からのプラークコントロールであり、定期的に歯科医院に通って歯垢や歯石を除去してもらうように心がけましょう。

また、生活習慣においてもしっかりとブラッシングを行い、歯磨きができないときにはうがいをするなどしてなるべくは西港を溜め込まないように意識しながら過ごしていくのがおすすめと言えます。

いつまでも健康な歯で食べ物を食べられるようになるためにも、普段の生活習慣を見直してしっかりと歯磨きをしたり甘いものを食べないように心がける、定期的に歯科検診に行くなどして務めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

フリスクを口臭ケアに使っていると危険?